FANDOM


「あなたもシカゴへ行くの?」
そう声を・けられたのは、シカゴ行きの・車の三・客車の中だった。
「……ああ」
向かい
ヴィリオ
「学生さん?それともお仕事?シカゴへはどんな用事で?それとも帰るところ?」
「俺はー」

「あっ、ちょっと待って。当ててみせるから」
そう言って
てもよ
シカゴ
れすから
しかし
があったし、
当然
そういった
ざ人

「仕事だよ。シカゴにある取引先に、契約書を届けにいくんだ。」
「なんで答えを先に言っちゃうかなぁ」

とさらさら
アメリカ
・物
人も
時間
・は
「君は?」
ここで無下
・に
自分について、他人に聞かせて面白い話など一つもないから。
「わたしはシカゴ大学の学生なの。」
「……社会学って?」
「えっと、あらゆる
うね……禁酒法が
禁酒法という言葉に、アヴィリオがほんの少し・・を上げる。
「君は禁酒法が
「それを考えるのが
そのとき、
「へえ、それはすごい」
エイミィの答えに、
同時に、
自分と彼女では、
年・の
それに
「全然すごくないよ。
「君ならきっとできるさ」
「本当?ありがとう!あなた、いい人ね」

なんなら
そして心のどこかで、
アヴィリオは、
昔、コルテオが楽しそうに


ReferencesEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.