FANDOM


その日は雨だった。
・鳴
オは
アヴィリオを
「ブルーノさん、これアンジェロ・ラグーザって
・・
くる。
「あっ……あんたのなんだね」
雨に
「気持ち悪いねぇ……生きてんだか死んでんだか」

ドア
およそ生
アヴィリオは人から
む。ベッド
それから、

この部屋
ペーパーナイフ
そこには
すべて
見つめる
それから
手紙

呟いて、
に、彼
・く

・・と弟が死んだ

「本当

チェがロウソクに

「うん、

「うー
ルーチェ
「じゃあ
「え
自信あり
「ねぇ
「う、うん」
コルテオ
・・
るのは
に手を
消えた。
「すごい!
目を
「ああ、ぜんぜん」

熱くない

「そろそろ
「ええ~、
「また今度ね」
今日
忙し

「コルテオ
「すみません
コルテオが
「お母さん
「最近は、

家に
もう春
「……アンジェロ」

「ん?」
「ロウソク、
そう
いないのだ。
わかっていない。
「あ……雪だ」
ラグーザ家の
「もう四月
「うん」
暗い空から雪が
コルテオ
げる。
「おやすみー、
その言葉
コルテオ
また微笑んだ。

「父さん、
「うん、
部屋
「わあい!
ルーチェ
・・
「お兄ちゃん

「あいつらは?」
「さあ?呼んでみたら?」
コートを
「アンジェロー!ルーチェー!いったいどこに行ったんだ」
自分
ゼット
そのとき、
「テスタ、
突然の

ヴィンセントは、
トが
「あ~、もう……」
「きっと
そう言って

「早く
不・嫌
そんな
「落ち着いて聞いてくれ
「……オルコ
・・を
「いやぁ、俺さ」
ヴィンセント
「ひっ」
悲鳴を上げそうな弟の口を塞ぎ、耳元で囁く。
「しーっ……静かに、もうすぐ帰るから」

それは
「ファミリーを守るためだ」
「……あれだけ世話になっておきながら」
「違うなテスタ、お前は何もわかっていない」
アンジェロの心を
された
声を上げる
いく。
「ガラッシアに
「もういい、
「ここにはない。
「・・を出せ!いますぐ!」
「お願い、もうやめてっ」
すがる
けられー。
「っ!!」
クローゼットを

・まえ
た。
「エレナッ!」
父が
「大丈夫!?ママ!」
母親


ヴィンセント

「ママッ!」
「見ちゃダメ!」
目を閉じることも、クローゼットを
目の前の光
「ヴィンセント、お願い!この子だけは助けて!誰にも言わない!絶対!……だからっ」
母親の必死の・・にヴィンセントは冷たく笑うだけだ。テスタから
ようだ。

「しーっ、エレナ、よく聞け。その子は俺達を・して忘れない……」
今度
「……生きている」
ダンダンダン
「ちっ、
殺人
母と

血を
ンジェロ
そして家族と同じように殺されるだろう。
「…………ネロ……」
アンジェロ
だから
ばならない。
ソファ
父親が、母親が、弟が、血を・し死んでいる・間を。

自分
もう誰
父と
一緒に
どれだけ
けれど
気づかれた!
・の上、
中で

コルテオの・む家は、アンジェロたち
パートだった。
タのほうがファミリーの
父が殺されて
や金
地が悪い。アンジェロと
は必死で勉強していた。

が、
・気
と、
「ん……?」
コルテオは
・り出した雪はいつの
うと、
「……アンジェロ」

・時間前に
「ココア作ったよ」
冷たくなった
「ごめん……ここに
・える声で
に感じだ。すでに事・
いうことが起きて
「大丈夫……ここまでは・ってこないよ」




コルテオ
しかできない。
「少し眠りなよ」
嗚咽
ロウソク
アンジェロ
あったのだ。
「アンジェロ……」
血の
たかった。
「僕たちはたったいまから、兄弟だ。これからずっと……」
明かりを消した部屋に、声は静かに・いた。

しかし、朝、目覚めるとアンジェロの
コルテオ
そして




七年が

るた
「クーッ、

スの
た広口
「なぁ、
売れるぜ」
「マフィアは嫌いなんだ」
・ってチェロットを見下ろしていたコルテオは、顔を背けて言う。

「・・酒・ってるヤツが言うセリフ
「知らないよ」
マフィアには興味がないと冷たく言い・つ。
「この間オルコファミリーに入った人で、マジすげーイカしてんだって」
「……帰ってくれよ、チェロット」
「なぁ、いつまでも、こんなゴミ
「帰れよ!」
ドア
「どうなって
コルテオ
出口のドア
た。
「うまくいったか?」
「そ、それが、マフィアが嫌いだって……」
ボッティの
「俺たちに酒を卸せ」
唖然として

「ぐはっ」
「酒を卸すか?」
・しそう
「……いやだ」
だがコルテオ
「ふうん」
ボッティ


「やめてくれっ!」
「・
楽しげ
ボッティの
「……アンジェロ!?」
ボッティの巨体が
の姿だった。


座って
「僕

「旨いのは知っている」
「ホントは
コルテオの言葉
コルテオ
「アンジェロ
「アヴィリオ
「大丈夫
何も
「疲れて
「おばさん
「・
アヴィリオ

ReferencesEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.