FANDOM


中洲の教会地下にあるローレス最大のモグリ酒場「アイランド」。
普段は・わう店も、・し切り・・の今日は珍しく静かなものだった。客の代わりにいるのが、
マシンガンを・えた強面の黒服たちと、その・口を向けられた者たち、そして大怪我を・った
男も・たわっているとなれば、なおさら・様な・・気だ。
なかなか・れないファンゴに・立ちを隠せず、カウンターに座っているネロは・・の胸ポ
ケットに手を・ばす。
・・に黒服の一人がネロに・を向ける。
「タバコぐらいいいだろう……お前は吸うのが得意そうだ」
そうネロが・・めいて言うが、黒服は・・ひとつ変えない。
そんなやり取りをしていると、足音が二つ響いてきて、そちらに・・が・まる。アヴィリオ
とファンゴだ。
「早かったな、ネロ」
アヴィリオの言葉にネロが・事をする前に、ファンゴの・気な声がその場の主・・をかっさ
らった。
「俺の代わりに、オルコをやってくれるんだって、ネロ?」
「ああ、 お安いご用だ」
「そりゃ手間が省けるぜ」

ファンゴが、・・でアヴィリオを・す。
「で、どう殺るんだ?こいつが、お前に策があると言ってるんだが……」
「策?ねーよ、 そんなもん」
「……あぁ?なんだって?」
「腹が減りすぎて頭が働かねぇ。飯をくれ。あと、酒もだ。ここんとこ、まともなもん食って
ねぇんだ」
ファンゴが笑みを・かべながら、ネロの前に・・ける。
「どうも立場が分かってねぇようだな、ボーイ」
その言葉と同時。
・しい音を立てて、ネロの前にファンゴの足が落ちた。
そのままネロに・・を見せつけ、ファンゴは命じる。
「舐めろ」
どちらの立場が上なのか・・しろと、口の・を・り上げた笑顔が・げていた。
否と答えさせない・力だ。ネロの後ろにいたバルベロたちが気色ばんだ。
「前菜替わりだ。イタリア産のいい肉使ってるぜ」
大きな
・顔のネロ

を・づけた。
次の・・。ネロの手がカウンターのナイフを掴んでいた。
そして、それは・めがけて、大きく・り下ろされー。
「……っ!!」
ダンッ!
ファンゴは・早くナイフを・けた。
皆が息を
「どうした?イタリアの足を早く食わせろ」
・・の言葉にファンゴが目を見・き、ネロを睨みつける。
「ハッハハハ!ヒッハハハハハハ!」
だが一・、
「おーい!何か食わせてやれ!」

オルコファミリーの・・する高・レストラン「オッティモ・オルコ」の店・で、フラテは手
にした自分のグラスを・らしていた。
・は・いているのに、手が・えて飲めない……。
・張しても当然だろう。目の前にいるのは、・・する

リブステーキを

フィオはヴァネッテ

ロナルド
しかない。
夫なのだ。

散乱した部屋に顔をしかめながら、フラテを皮肉たっぷりに古代の英雄の名で呼ぶ。フラテ
は何も答えない。

自覚はあるのだろう、フラテは悔しげに俯く。
しばらく・し・ったのち、フラテは・える声で・・する。

アヴィリオはわずかに微笑んで見せた。
「……明日は、日曜日だったな」
神を信じる者は、家族そろって日曜礼拝に教会へ行くのだ。


ReferencesEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.