FANDOM


「七年前……」
ネロの小さな・きが
「親父に初めて仕事に連れていかれたあの夜。 ……逃げたガキだけじゃねぇ。誰も撃つことが
出来なかった」
「―――」
アヴィリオはゆっくりとネロの方を・り向いた。
「撃つのが怖かった。親父に軽蔑された気がした。だから 親父に認めてもらうためにガムシャ
ラにやってきた。殺してきた。そして、フラテも……」
ネロの弱々しい吐露。
くアヴィリオ

「結局、あのときから、何も変わってねぇのかもな……」

ReferencesEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.