FANDOM


ローレスを代表する高級ホテル「ホテル・ローレス」は、元々ヴァネッティファミリーが・劇
場のこけら落としに・・した、ドン・ガラッシアとそのファミリーを・・するために用意して
いたものだった。

ドン・ガラッシア・・・・・復



だ。
音まで
ホテル
れない
ストレーが
ていた
だった。
―――生きている

「差出人は誰だ?」
アヴィリオはネロの見せた手紙にチラリと・・を・る。
「……ガンゾ」
「ッ!……ふぅーっ……」
ネロはアヴィリオの短い一言に、脱力したように深く息を吐きシートにもたれかかった。
「よってたかって騙されてたって訳か……テスタ・ラグーザの息子が、この手紙を受け取って
ローレスに戻ってきた。そして……」

アヴィリオは
「フラテも」
フラテが

「ヴォルペも」

だ。そしてロナルドを殺し
「デルトロも」
ガンゾ
「バルベロも」
手を下した
「ヴァンノも」
古い
あれが
「……みんな俺が殺しだ……」
ネロの大切な仲間を、家族を

<poemこの手紙の中で 生き残ってるのは俺一人だ

なぜやらなかった Angelo ヴィンセントは屋敷に籠って出てこない まずその息子に近づくのは当然だろう Nero あの日 劇場で もう俺を生かしておく必要はなかったはずだ Angelo お前とヴィンセントには俺と同じ苦しみを 死ぬ以上の苦しみを与えるつもりだった 残念ながら ヴィンセントはくたばったけどな Cerotto ばばばがやろう こんなとこでおっぱじめんじゃねい Angelo やれよ Nero お預けだ 悟ったような面しやがって Cerotto ったく マフィアってやつは></poem>

・ざかるその背中に、ネロは・を・えた。
・・
目を閉じる。
そして、今度こそしっかり目を開けて、アヴィリオを見つめた。
引き金を引く。

パァン……!

打ち寄せる波の音より高く、銃声が空と海に響いた。

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.