FANDOM




Barbero
酒を持っていった時
ガラッシアの対応は悪くなかったんだろう
Angelo
あぁ ロナルドのことは水に流すと
Nero
やつの組織には確かストレーガとかいうのが来てたな
Barbero
ドン ガラッシアの甥 ロナルドの従兄弟だ
Man
シカゴではやつとも会ったのか
Nero
アヴィリオ
寝てねぇのか
Barbero
いずれにしろ 慎重に進めた方がいい
Tigre
そんな ビビることねぇだろう なぁ 伯父貴
Ganzo
いや シカゴを牛耳るビッグファミリーだ
ご機嫌を損ねるのはまずい
おいでなすったぞ
Man
一切白費
Man
お会い出来て光栄です ドン ガラッシア
Man
君がヴィンスの息子か?
Man
若い頃にそっくりだ
Man
ロナルドのことは
Man
気にするな お前がその手でケジメを付けたんだ
Man
これからはお互い前を向いて
Man
関係を築いていこうじゃないか
Man
そう言っていただけると
Man
甥のストレーガ 出来るやつだ
Man
若いもの同士 仲良くやってくれよ
Man
これは ドンガラッシア
Man
ドン ヴァネッティ
Man
いや ドンはネロに譲られたのでしたな
Man
厄介ことはあいつに押し付けて
Man
のんびりさせてもらってます
Man
それは羨ましい
Man
一杯どうです
Man
アヴィリオが持ってきた酒だな
Man
あれはきっと シカゴでも評判に
Man
大丈夫ですか
Man
お見苦しいところ
Man
シカゴに来る決心は付いたか
Man
ここを捨てるような真似は
Man
ネロ ヴァネッティ
Man
面白そうなやつだ
Man
だが ああいうお人好しの甘ちゃん
Man
いずれ足元をすくわれる
Man
先を見るんだアヴィリオ 将来を
Man
この町は お前には狭すぎる
Man
だいぶ顔色が悪いぞ
Man
明日の段取りに変更は
Man
ない 奴等の部屋は二階の一番奥だ
Man
ここのドアは銃を通さねから
Man
ヴィンセントをやるには中に入んなきゃならん
Man
それにこの部屋だけ ノブはねぇ
Man
鍵ぁなければ
Man
外からは開けられない仕組みになってる
Man
アイツ等がドア前のテル ドロを始末する
Man
そこで救世主アヴィリオ様が現れる
Man
問題事が起きれば ネロは扉を開けるはずだ
Man
ガラッシアを先に逃がし
Man
走れないヴィンセントとネロをやる
Man
これにあんたの名前を足してくれ
Man
ここに名前があれば 俺の敵ってことになる
Man
分かるだろう
Man
抜け目の無い野郎だ
Man
あの時 あんたもいたんだな
Man
お前知ってたのか?
Man
あぁ だが銃を抜かなかったことも知ってる
Man
あの時 ヴィンセントは裏でガラッシアと通じてた
Man
そして それに勘付いたお前の親父と家族をやった
Man
やつとネロはお前がやるべきだ
Man
そうじゃなきゃ筋が通らね
Man
急かすなよ 物には順序がある
Man
何の話だ
Man
いや
Man
任せて大丈夫なのか
Man
ドンにもしものことがあったら
Man
腕は確かだ
Man
ヴィンセントをやったら
Man
明後日からは
Man
お前がファミリーをまとめることになる
Man
しっかりやれよ
Man
ネロと違って 俺は聞き分けがいいぜ
Man
ドン ガラッシアはこのこをを
Man
知らなくていい
Man
うちの伯父貴もすっかり甘くなった
Man
ネロ ちょっといいか
Man
アヴィリオのことか
Man
あぁ やつは劇場の警備から外した方がいい
Man
なぜ
Man
やつはコルテオのことで俺達を恨んでいる
Man
特にお前を
Man
悪いことは言わないが
Man
昨日自分の手で疑いを晴らしただろう
Man
今更恨んだところで どうなるもんでもねぇ
Man
あいつはもう抜け殻みたいなもんだ
Man
アヴィリオの生き甲斐は俺が与える
Man
具合はどうだ
Man
今日は大分いい
Man
医者には会ったか?
Man
すぐに良くなるとせさ
Man
隠すな
Man
もうすぐ くたばるのは分かってる
Man
かつて俺は 親友とその家族をこの手にかけた
Man
あの時テスタをやらなければ
Man
今頃ファミリーはガラッシアに呑まれていた
Man
あれから七年
Man
そう言い聞かせてきた
Man
だがな 今になって見ると
Man
別の道があったんじゃないのか
Man
やつをやらずに済んだんじゃないのか
Man
そんなことばかり
Man
親父
Man
バネッチィの名は何よりも重い
Man
友よりも 親兄弟よりも
Man
覚悟はでき出る
Man
ただいま
Man
ずっとこの日を待っていた
Man
いや 本当に待ってたのか
Man
もう分からない
Man
いったい何のために戻ってきたのか
Man
何のために殺してきたのか
Man
ま コルテオ
Man
明日 全てが終わる
Man
おい よってくんな
Man
ドン バネッチィ
Man
公の場に姿を現わした三年ぶりですが
Man
何か一言
Man
素晴らしい
Man
ガラッシアだ
Man
来たぞ
Man
どうだ この劇場は
Man
ミラノのスカラ座をモデルにした
Man
イタリアから建築家を招いて建てさせたんだろう
Man
もう回が聞いたぜ
Man
この劇場は俺の夢だった
Man
正直 羨ましいやつだぜ お前は
Man
何でも手に入れやがってよ
Man
さって
Man
これでガラッシアとの話し合いが纏まれば
Man
万事安泰だ
Man
テスタラグーザも分かってくれるさ
Man
ったく あんなもんぶらさげやがって
Man
野暮なやつらだせ
Man
しょうがないだろう
Man
今夜は何かあっちゃ困るからな
Man
そろそろ始まるか
Man
一回りしてくる
Man
私はローレスの市長であること
Man
これほど誇らしく思った日はありません
Man
それでは もう一度
Man
ヴィンセント バネッチィ氏に盛大な拍手を
Man
大したものだ
Man
シカゴにもこれほどの劇場はない
Man
光栄です
Man
バネッチィファミリの新しい門出に
Man
それじゃ 頼んだぜ
Man
うん 時に交替だ
Man
話の分かるやつらで助かったぜ
Man
三時間も立ちん坊じゃ可笑しくなっちまう
Man
向こうで吸ってこい
Man
へい へい
Man
デル トロの旦那 マッチ貸してもらいませんか
Man
旦那 無視ずることはないでしょう
Man
永遠に黙ってね
Man
やはりな
Man
コルテオの敵を討つつもりだったのか?
Man
俺の仲間がネロを狙ってる たった今もな
Man
出任せを言うな
Man
でもよ
Man
あの場にはガラッシアの見張りの死体がなかった
Man
ちょっと気になるぜ
Man
内ポケットに手紙が入ってる
Man
俺をこの町に呼んだ男からだ
Man
アンジェロ ラグーズ
Man
何で書いたんだ
Man
ローレスに眠るお前の父と母
Man
そして弟を殺した者たちの名は
Man
ヴィンセント バネッチィ 息子のネロ
Man
ヴァンノ クレメッテ そしてガンゾ アラリ
Man
誰からだ
Man
このテスタ ラグーザの親友と誰だ
Man
ネロとガンゾ叔父きを呼ぼう
Man
待て
Man
ネロを呼ぶな
Man
信じられない アヴィリオ
Man
バルベロはネロを呼ぶなって
Man
いや 呼んで来い
Man
でも
Man
ドンはネロじゃ バルベロじゃねい
Man
何があった 説明しろ
Man
やっぱり ネロを狙っていました
Man
ドン ヴィンセントやあなたも
Man
こいつにその手紙を送ったやつが黒幕です
Man
心当たりは
Man
さあな
Man
ティグレは
Man
ネロを呼びに行った
Man
何故
Man
どうするかはネロに決めさせる
Man
こいつは右腕だったしなぁ
Man
だめだ ネロにはこいつは殺せない
Man
おい 落ち着けバルベロ
Man
ヴァンノもデルトロも、ほかの奴らの死も、
Man
すべてこいつがやったことだ
Man
お前は抜け殻のようだとネロはそう言っていた
Man
お前に生き甲斐を与えるともなぁ
Man
お前がネロを狂わせた
Man
お前が現れなければ
Man
見苦しいやつだ
Man
ファミリーに取り付き ネロの心に巣くう悪魔め
Man
ネロを俺が守
Man
ぶち壊しだな
Man
どこでへまをしやがった
Man
いえ むしろお誂え向きの状況じゃないか
Man
ネロ
Man
失礼
Man
どうした
Man
バルベロがアヴィリオを
Man
おじき
Man
どうやら 入れ違いでに逃げられた
Man
んだよ ひでえじゃないか チクショウ
Man
アヴィリオ
Man
やつの狙いはヴィンセントと俺
Man
お前のようだ
Man
じゃドンのところに?
Man
だが あの部屋は鍵がなきゃ中に入れねぇ
Man
念のため人をやろ
Man
見つけ出せ 俺がぶっ殺してやる
Man
これはどういうことだ
Man
その死体は舞台の小道具が
Man
もしもドンに何かあったら
Man
分かってんだろうなあ
Man
俺なら ライフルだな
Man
対岸の部屋から楽に狙撃できる
Man
ネロ
Man
俺らも探さねえとなぁ
Man
ティグレ 階を見てこい
Man
申し訳ありません
Man
お人を裏手から外へお連れするようにと
Man
デル トロは
Man
さ ここには居りません
Man
お前は
Man
アヴィリオ
Man
ネロを連れてこい
Man
ドン ガラッシアお願いします
Man
時間がないんです
Man
弁えろ
Man
まあ そういきり立つこともないでしょう
Man
私もよく知る男です
Man
それにご子息の右腕とか
Man
クライマックスのようなあ
Man
筋書きとは違うが
Man
どういうことだ
Man
俺がこいつに家族を殺された
Man
お前など知らん
Man
父ならテスタ ラグーザ
Man
これはいい 舞台から出てきたのか
Man
まったく面白い男だ
Man
今日の日を迎えるためこの町に帰ってきた
Man
今度は俺がすべてを奪う番だ
Man
誰か早く医者を
Man
貴様
Man
待って 違うんだ
Man
いったい何かどうなってんだ
Man
まあ 悪くない展開か
Man
バネッチィを片付けろ
Man
ネロ ネロ
Man
親父
Man
しっかりしろ
Man
ネロ
Man
終わりだ
Man
親父
Man
すべてが無駄ごと
Man
コルテオ
Man
やったぞ



Barbero
How did the Galassias react when you brought them the booze?
Angelo
Fine. They said the stuff with Ronald was water under the bridge.
Nero
I'm pretty sure that Strega guy came here before.
Barbero
He's Don Galassia's nephew and Ronald's cousin.
Man
Did you meet him in Chicago too?
Nero
Avilio
Didn't you sleep?
Barbero
In any case, we should proceed carefully.
Tigre
There's no need to be so nervous. Right, Uncle?
Ganzo
Nah, they're the big Family that controls Chicago.
We should try and keep them in good spirits.
Speak of the devil...
Man
It's an honour to meet you, Don Galassia.
Man
You're Vince's son?
Man
若い頃にそっくりだ
Man
ロナルドのことは
Man
気にするな お前がその手でケジメを付けたんだ
Man
これからはお互い前を向いて
Man
関係を築いていこうじゃないか
Man
そう言っていただけると
Man
甥のストレーガ 出来るやつだ
Man
若いもの同士 仲良くやってくれよ
Man
これは ドンガラッシア
Man
ドン ヴァネッティ
Man
いや ドンはネロに譲られたのでしたな
Man
厄介ことはあいつに押し付けて
Man
のんびりさせてもらってます
Man
それは羨ましい
Man
一杯どうです
Man
アヴィリオが持ってきた酒だな
Man
あれはきっと シカゴでも評判に
Man
大丈夫ですか
Man
お見苦しいところ
Man
シカゴに来る決心は付いたか
Man
ここを捨てるような真似は
Man
ネロ ヴァネッティ
Man
面白そうなやつだ
Man
だが ああいうお人好しの甘ちゃん
Man
いずれ足元をすくわれる
Man
先を見るんだアヴィリオ 将来を
Man
この町は お前には狭すぎる
Man
だいぶ顔色が悪いぞ
Man
明日の段取りに変更は
Man
ない 奴等の部屋は二階の一番奥だ
Man
ここのドアは銃を通さねから
Man
ヴィンセントをやるには中に入んなきゃならん
Man
それにこの部屋だけ ノブはねぇ
Man
鍵ぁなければ
Man
外からは開けられない仕組みになってる
Man
アイツ等がドア前のテル ドロを始末する
Man
そこで救世主アヴィリオ様が現れる
Man
問題事が起きれば ネロは扉を開けるはずだ
Man
ガラッシアを先に逃がし
Man
走れないヴィンセントとネロをやる
Man
これにあんたの名前を足してくれ
Man
ここに名前があれば 俺の敵ってことになる
Man
分かるだろう
Man
抜け目の無い野郎だ
Man
あの時 あんたもいたんだな
Man
お前知ってたのか?
Man
あぁ だが銃を抜かなかったことも知ってる
Man
あの時 ヴィンセントは裏でガラッシアと通じてた
Man
そして それに勘付いたお前の親父と家族をやった
Man
やつとネロはお前がやるべきだ
Man
そうじゃなきゃ筋が通らね
Man
急かすなよ 物には順序がある
Man
何の話だ
Man
いや
Man
任せて大丈夫なのか
Man
ドンにもしものことがあったら
Man
腕は確かだ
Man
ヴィンセントをやったら
Man
明後日からは
Man
お前がファミリーをまとめることになる
Man
しっかりやれよ
Man
ネロと違って 俺は聞き分けがいいぜ
Man
ドン ガラッシアはこのこをを
Man
知らなくていい
Man
うちの伯父貴もすっかり甘くなった
Man
ネロ ちょっといいか
Man
アヴィリオのことか
Man
あぁ やつは劇場の警備から外した方がいい
Man
なぜ
Man
やつはコルテオのことで俺達を恨んでいる
Man
特にお前を
Man
悪いことは言わないが
Man
昨日自分の手で疑いを晴らしただろう
Man
今更恨んだところで どうなるもんでもねぇ
Man
あいつはもう抜け殻みたいなもんだ
Man
アヴィリオの生き甲斐は俺が与える
Man
具合はどうだ
Man
今日は大分いい
Man
医者には会ったか?
Man
すぐに良くなるとせさ
Man
隠すな
Man
もうすぐ くたばるのは分かってる
Man
かつて俺は 親友とその家族をこの手にかけた
Man
あの時テスタをやらなければ
Man
今頃ファミリーはガラッシアに呑まれていた
Man
あれから七年
Man
そう言い聞かせてきた
Man
だがな 今になって見ると
Man
別の道があったんじゃないのか
Man
やつをやらずに済んだんじゃないのか
Man
そんなことばかり
Man
親父
Man
バネッチィの名は何よりも重い
Man
友よりも 親兄弟よりも
Man
覚悟はでき出る
Man
ただいま
Man
ずっとこの日を待っていた
Man
いや 本当に待ってたのか
Man
もう分からない
Man
いったい何のために戻ってきたのか
Man
何のために殺してきたのか
Man
ま コルテオ
Man
明日 全てが終わる
Man
おい よってくんな
Man
ドン バネッチィ
Man
公の場に姿を現わした三年ぶりですが
Man
何か一言
Man
素晴らしい
Man
ガラッシアだ
Man
来たぞ
Man
どうだ この劇場は
Man
ミラノのスカラ座をモデルにした
Man
イタリアから建築家を招いて建てさせたんだろう
Man
もう回が聞いたぜ
Man
この劇場は俺の夢だった
Man
正直 羨ましいやつだぜ お前は
Man
何でも手に入れやがってよ
Man
さって
Man
これでガラッシアとの話し合いが纏まれば
Man
万事安泰だ
Man
テスタラグーザも分かってくれるさ
Man
ったく あんなもんぶらさげやがって
Man
野暮なやつらだせ
Man
しょうがないだろう
Man
今夜は何かあっちゃ困るからな
Man
そろそろ始まるか
Man
一回りしてくる
Man
私はローレスの市長であること
Man
これほど誇らしく思った日はありません
Man
それでは もう一度
Man
ヴィンセント バネッチィ氏に盛大な拍手を
Man
大したものだ
Man
シカゴにもこれほどの劇場はない
Man
光栄です
Man
バネッチィファミリの新しい門出に
Man
それじゃ 頼んだぜ
Man
うん 時に交替だ
Man
話の分かるやつらで助かったぜ
Man
三時間も立ちん坊じゃ可笑しくなっちまう
Man
向こうで吸ってこい
Man
へい へい
Man
デル トロの旦那 マッチ貸してもらいませんか
Man
旦那 無視ずることはないでしょう
Man
永遠に黙ってね
Man
やはりな
Man
コルテオの敵を討つつもりだったのか?
Man
俺の仲間がネロを狙ってる たった今もな
Man
出任せを言うな
Man
でもよ
Man
あの場にはガラッシアの見張りの死体がなかった
Man
ちょっと気になるぜ
Man
内ポケットに手紙が入ってる
Man
俺をこの町に呼んだ男からだ
Man
アンジェロ ラグーズ
Man
何で書いたんだ
Man
ローレスに眠るお前の父と母
Man
そして弟を殺した者たちの名は
Man
ヴィンセント バネッチィ 息子のネロ
Man
ヴァンノ クレメッテ そしてガンゾ アラリ
Man
誰からだ
Man
このテスタ ラグーザの親友と誰だ
Man
ネロとガンゾ叔父きを呼ぼう
Man
待て
Man
ネロを呼ぶな
Man
信じられない アヴィリオ
Man
バルベロはネロを呼ぶなって
Man
いや 呼んで来い
Man
でも
Man
ドンはネロじゃ バルベロじゃねい
Man
何があった 説明しろ
Man
やっぱり ネロを狙っていました
Man
ドン ヴィンセントやあなたも
Man
こいつにその手紙を送ったやつが黒幕です
Man
心当たりは
Man
さあな
Man
ティグレは
Man
ネロを呼びに行った
Man
何故
Man
どうするかはネロに決めさせる
Man
こいつは右腕だったしなぁ
Man
だめだ ネロにはこいつは殺せない
Man
おい 落ち着けバルベロ
Man
ヴァンノもデルトロも、ほかの奴らの死も、
Man
すべてこいつがやったことだ
Man
お前は抜け殻のようだとネロはそう言っていた
Man
お前に生き甲斐を与えるともなぁ
Man
お前がネロを狂わせた
Man
お前が現れなければ
Man
見苦しいやつだ
Man
ファミリーに取り付き ネロの心に巣くう悪魔め
Man
ネロを俺が守
Man
ぶち壊しだな
Man
どこでへまをしやがった
Man
いえ むしろお誂え向きの状況じゃないか
Man
ネロ
Man
失礼
Man
どうした
Man
バルベロがアヴィリオを
Man
おじき
Man
どうやら 入れ違いでに逃げられた
Man
んだよ ひでえじゃないか チクショウ
Man
アヴィリオ
Man
やつの狙いはヴィンセントと俺
Man
お前のようだ
Man
じゃドンのところに?
Man
だが あの部屋は鍵がなきゃ中に入れねぇ
Man
念のため人をやろ
Man
見つけ出せ 俺がぶっ殺してやる
Man
これはどういうことだ
Man
その死体は舞台の小道具が
Man
もしもドンに何かあったら
Man
分かってんだろうなあ
Man
俺なら ライフルだな
Man
対岸の部屋から楽に狙撃できる
Man
ネロ
Man
俺らも探さねえとなぁ
Man
ティグレ 階を見てこい
Man
申し訳ありません
Man
お人を裏手から外へお連れするようにと
Man
デル トロは
Man
さ ここには居りません
Man
お前は
Man
アヴィリオ
Man
ネロを連れてこい
Man
ドン ガラッシアお願いします
Man
時間がないんです
Man
弁えろ
Man
まあ そういきり立つこともないでしょう
Man
私もよく知る男です
Man
それにご子息の右腕とか
Man
クライマックスのようなあ
Man
筋書きとは違うが
Man
どういうことだ
Man
俺がこいつに家族を殺された
Man
お前など知らん
Man
父ならテスタ ラグーザ
Man
これはいい 舞台から出てきたのか
Man
まったく面白い男だ
Man
今日の日を迎えるためこの町に帰ってきた
Man
今度は俺がすべてを奪う番だ
Man
誰か早く医者を
Man
貴様
Man
待って 違うんだ
Man
いったい何かどうなってんだ
Man
まあ 悪くない展開か
Man
バネッチィを片付けろ
Man
ネロ ネロ
Man
親父
Man
しっかりしろ
Man
ネロ
Man
終わりだ
Man
親父
Man
すべてが無駄ごと
Man
コルテオ
Man
やったぞ

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.