FANDOM


ヴァネッティファミリーの一員に、バルベロという男がいる。
ドン・ヴァネッティの長男ネロの側近の一人であり、誰もが切れ者と認め恐れるマフィアの
なかのマフィア。そこらのチンピラのように無軌道な暴力を振るうことははなく、優れた頭脳と
豊かな教養を、バルベロは持っている。
そのバルベロが、いまはただひたすらに困感している。
「なあネロ。フラテは日和ひよった。ロナルドと結託して、ヴァネッティをガラッシアに売ろうと
していた。俺たちは誰もお前が間違ったなんて思っちゃいない。むしろファミリーのためにけ
じめをつけた」
「……ああ、そうだ」
バルベロの励ましに、ネロが力なく答えた。
こんなネロは初めて見る。
ネロはいつだって自信たっぷりで、太陽のように輝いていた。
そのネロが、まるで病人のようにやつれ顔で、ただ床を見下ろしている。
「正直、ネロが帰ってきてくれて助かった。状況は目まぐるしく変わりつつある。オルコが死
んで、ファンゴは最高に調子づいてる。ドンはもう高齢だ。いま、ファミリーを束ねられるの
はネロ、お前だけなんだ」
「それもわかってる」

カーテンを閉め切った暗い自室で、ネロは俯いたままバルベロの顔を見ようとしない。
「だったら!」
声を荒らげようとして、バルベロは言葉を吞み込む。
「……気持ちはわかるが、塞ぎ込んでいる場合じゃない。ネロ、お前が上に立って裁定を下し、
ファミリーを束ねていくんだ」
バルベロがどれほど・・であろうと、それだけはできない。
ネロはバルベロにとってーいやヴぁネッティファミリー
・一無二の
「わかってるんだ」
ネロがローレスに・って、ようやく元通りになると思っていた。
だが、一度ねじれたは元には・らなかった。
ネロは実の弟であるフラテを自らの手で殺し、そのせいで妹のフィオがローレスを出ていっ
た。何よりも家族を大事にして
ネロに
だが、
俺たちはマフィアだ。
弱いマフィアには、・めな



コルテオ
バルベロ
それでも
めていた。
コルテオ
バルベルはー
「俺にも色々あった……」
そんな
「……
「次
「俺が
からな。
それから
「……俺みたいになるなよ」
「え、なんです?」

何でもない」
それはもしかして、

ReferencesEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.